着床率アップのためのお薬ってあるんですか?

着床率 薬 ホルモン

薬を飲むことで着床率が上がるなら、ぜひ試してみたい。
薬で着床率が上がるみたいだけど、一体どんな薬なのかよく知りたい。
そんな声も多いですよね。
では、着床率を上げるために使われる薬がどのようなものなのか、チェックしてみましょう。

 

ダナゾールとは?

着床率 薬 ホルモン

 

着床率を上げるために、一時的に月経を止めて正常な月経を起こすためのコントロールを行うことがあります。
このコントロールのために月経を止める薬として、ダナゾールがあります。

 

月経を正常化することで、子宮内膜がしっかりと厚みを持ち、柔らかく、着床しやすい状態にしていくことが出来ます。
子宮内膜症の治療などにも使われているこのダナゾールですが、実は着床率を上げるためとはいえ気を付けたい薬の一つでもあるんです。

 

それは、ダナゾールには血栓が出来やすいとうリスクがあり、脳こうそくや心筋梗塞などを引き起こすリスクがあるという点なんです。
また肝機能障害なども起こしやすいため、ダナゾールの使用は医師とよく相談をして決めることも必要です。

 

ダナゾールはもともと男性ホルモン誘導体で、ホルモン分泌をつかさどる下垂体に働きかけを行うホルモン剤になっています。
このダナゾールが月経を止めることが出来る理由は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を抑えるためなんです。
そのため、女性らしさをつかさどるエストロゲンの分泌が抑えられて声が低くなったり、女性らしい丸みのある体つきが失われてしまう可能性もあるんですよ。

 

レトロゾールとは?

着床率 薬 ホルモン

 

乳がんの治療薬として開発され、その後排卵誘発剤として使用されることも多い薬にレトロゾールがあります。
エストロゲンの分泌を抑えて乳がん細胞が増殖するのを抑えるという効果があるレトロゾールですが、エストロゲンの分泌を抑えることで、成熟した卵胞から排卵が行われるという仕組みをうまく使い、身体に大きな負担を掛けずに排卵させることが出来る誘発剤として使用されます。

 

このレトロゾールがなぜ着床率を上げることが出来るのか?というと、実はレトロゾールが直接着床率を上げるのではなく、他の排卵誘発剤を使うことで、子宮内膜が薄くなってしまい、着床率が下がってしまう場合に、子宮内膜を薄くしないために使う排卵誘発剤として使うことが多いんです。

 

他の排卵誘発剤で子宮内膜が薄くなってしまっていたりする人以外にもOHSS(卵巣過剰刺激症候群)などの方に対しても利用することが可能です。

 

ただ、レトロゾールは排卵誘発剤としては保険適用の薬ではなく、薬価が高いという点がデメリットとしてあります。

 

 

トレンタールとは?

着床率 薬 ホルモン

 

着床率を上げるためには子宮に十分な血流があり、血行が良い状態にあることが必要です。この血行を促進する薬としてトレンタールが処方されることがあります。
トレンタールの有効成分はペントキシフィリンといいます。

 

ですが、このトレンタールを処方されたことで調べてみたら、今は日本では製造も販売もされていない薬。ということで不安を感じるという方もいますよね。

 

もともとトレンタールは毛細血管を拡張させ、動脈硬化や脳血管障害などの治療に使われていた薬でした。
血液の流れを良くすること、血行を良くする事ができるこのトレンタールは、子宮内膜を厚くすることができる薬として、不妊治療を行う病院では保険適用外で処方されることがあります。

 

ただ、やはり保険適用外ということもあり、薬価が高いというデメリットがあります。

 

 

卵胞ホルモン剤とは?

着床率 薬 ホルモン

 

着床率を上げるためには子宮内膜の状態を整えることが必要です。
そのために卵胞ホルモン剤を使うということもあります。

 

卵胞ホルモン剤にはジュリナやディビゲル、エストラーナテープなどエストラジオールを主成分とするものと、エストリールやホーリンなどエストリオールを主成分とするものなどがあります。

 

エストラジオールもエストリオールもどちらも卵胞ホルモンの一種です。

 

卵胞ホルモンは妊娠する準備を行うために分泌されます。
子宮内膜を厚くしていき、さらに質の良い卵子を作るために卵巣内に働きかけて卵胞を成熟させていくという働きを行います。

 

卵胞ホルモンの分泌が少ない場合には、子宮内膜を厚くしていくことが出来ないため、卵胞ホルモンを補充するという治療が行われ、そのために卵胞ホルモン剤が処方されることがあるんですよ。

 

 

黄体ホルモン剤とは?

着床率 薬 ホルモン

 

卵胞ホルモンと共に女性ホルモンである黄体ホルモン剤が処方されるケースもあります。

 

黄体ホルモン剤にはジドロゲステロンという主成分が含まれているデュファストンが有名ですよね。

 

卵胞ホルモンの作用で子宮内膜が厚くなり、黄体ホルモンはその厚くなった子宮内膜の状態をさらに良い状態に整えていくという働きを持っています。
黄体ホルモンの分泌が低下してしまうと、排卵後に子宮内膜の状態を良くしていくことが出来ないので、子宮内膜が薄くなり、着床率が下がってしまうんです。

 

また仮に着床できたとしても、その後黄体を胎盤へと変化させる、そして妊娠を継続させるという役割も黄体ホルモンが担うために、不足していると流産のリスクが高まることになります。

 

黄体ホルモン剤で黄体ホルモンを補充することで、着床率を上げ、妊娠を継続させていくことが出来るようになるという効果があるんですよ。

 

 

まとめ

 

薬による着床率を上げる方法は、効果がある反面副作用などもあります。
効果的な薬の中には日本国内での製造や販売がなく、薬価が高くなるというリスクが存在しているものもあります。
これらを良く考えて薬を利用することを考えることも必要ですよね。

こんな記事も読まれています♪