体外受精を成功させる着床率アップの方法はあるの?

着床率 体外受精 胚盤胞移植 生活

 

体外受精での妊娠を目指している人にとっては、着床率を上げる方法というのはとても官人が高いことになりますよね。
せっかく胚盤胞移植を行っても着床してくれないことには妊娠に至ることが出来ません。
では、体外受精を受けている方が着床率を上げていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

着床率を上げる2つの要因

着床率 体外受精 胚盤胞移植 生活

 

着床率を上げるためには、二つの要因があります。

 

一つは受精卵の質を上げ着床できる状態にすることです。
そしてもう一つは子宮内膜や子宮環境を整える事です。

 

受精卵の質を上げるということは、実は体外受精を行う場合には比較的行いやすいですよね。
本来であれば卵管内で行われる受精を、身体の外で行うため、質の良い卵子を選び、そして製津の良い精子を選んで受精させるということ可能になるんです。

 

卵管内では、その時に排卵されたたった一個の卵子と、射精され卵管に到達した精子が偶然の組み合わせで受精するのですから、この時点で質が良い受精卵になるかどうかは未知数です。

 

ですが、体外受精では、基本的には質がよい受精卵は出来やすく、さらにグレードをチェックすることで、グレードが良い受精卵を胎内に戻してあげるということが可能です。

 

ただ、この質の良い受精卵を作る過程では、培養液を変えることが必要になるケースがあります。
培養液によっては、実は受精卵の質が変わることもあるんですよ。
なかなかグレードの良い受精卵が得られない場合には、この培養液を変えることが必要になることもあるということは知っておくといいですよね。

 

 

子宮の環境を良くしていこう

着床率 体外受精 胚盤胞移植 生活

 

子宮の環境、そして子宮内膜の状態を良いものにしていくことが、体外受精を行っている人が出来る着床率を上げる方法の一つになります。

 

体外受精の場合、もし子宮の環境や子宮内膜の状況が悪い場合には、受精卵を培養し、胚盤胞となった状態で凍結させて、子宮環境や子宮内膜の状態を改善させていくことも可能です。

 

この子宮環境や子宮内膜の状態を改善させるために、生活指導を受けることもありますし、ホルモン補充療法などを行い、移植するのに適している状態になるまで待つという方法を取ることもありますよ。

 

万全の状態で胚盤胞移植を行うことが出来る。という意味では、体外受精は比較的着床率を上げやすい方法ということもできます。

 

 

胚盤胞移植前の生活

着床率 体外受精 胚盤胞移植 生活

 

もちろん、医療に頼り過ぎない方法で、着床率を上げていくことも必要です。

 

例えば、体外受精を受ける前は、身体を冷やさないことを心がけ、日常生活を見直してみることなどを行うことが出来ますよね。

 

普段からストレスが強くかかりやすいという人であれば、このストレスを上手に解消するということを進めていくといいですよ。
具体的にはストレス解消のために軽いスポーツをしてみることや、趣味などに没頭する時間を作る、たまには不妊治療の事を忘れて、思いっきり楽しめることを探してみることなどはおすすめです。

 

どうしても不妊治療を行うこと自体がストレスになってしまう事がありますので、ストレス解消方法を上手に見つけるということが重要になってきます。

 

ストレスが掛かっている状態というのは、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンバランスも崩れやすくなるんです。
その結果、睡眠の質が落ち、生活リズムが崩れやすくなってしまいますよね。

 

ストレス解消の方法には、ゆっくりとぬるめのお湯をはった湯船につかる半身浴などもおすすめです。
半身浴は身体を温める効果があり、さらに血行も改善してくれます。

 

程よい疲労感を感じる事により、入浴後2時間程度たてば質の良い睡眠を取ることが出来るようになるという効果も期待できます。
しっかりと睡眠をとると、朝も早めに起きることが出来るようになり、しっかりと朝食を摂る時間も生まれてきます。

 

バランスの取れた食生活をしっかりと送ることは、妊娠しやすい身体づくりには必要ですよね。

 

入浴をするということだけでも、生活のリズムをしっかりと整える効果を期待することが出来るんですよね。

 

 

胚盤胞移植後の生活

着床率 体外受精 胚盤胞移植 生活

 

では、胚盤胞移植を行った後というのは、どうして過ごせばよいのでしょうか?
胚盤胞移植を行ってから、着床し実際に妊娠が確定するまでの間が最もストレスが溜まり、さまざまなことが心配になると思います。
特にこの期間は運動をしてはいけないのではないか?
できるだけ安静にして過ごす方が着床率が高くなるのではないか。
といった心配をする人も多くなります。

 

まず、過度な運動でなければ、着床率が下がるということはありません。
日常生活を普段通り行う程度であれば全く問題がありませんし、ウォーキングをしたり、ヨガなどをするといった軽い運動であれば、ストレスを解消することが出来ますので逆に行った方がいいと言われています。

 

運動をすることで血行も良くなり、子宮の環境も良くなります。
それが着床率を上げることに繋がり、また着床した胚盤胞を留めることができる方法とも言われていますので、特に医師の指示がない限りは安静は不要ですよ。

 

 

胚盤胞移植以降はいつ妊娠検査薬が陽性になるのか、ということも気になりますが、ここはあえて妊娠検査薬を使うことは、生理予定日よりも後にしておくことをおススメします。
これはやはり妊娠検査薬を使うことでかかるストレスをなるべくかけないためです。

 

 

まとめ

着床率 体外受精 胚盤胞移植 生活

 

体外受精によって妊娠を希望する人が着床率を上げるためには、やはりストレス解消を上手に行うことが最も重要です。
そして、冷やさない事、規則正しい生活を送ることを心がけるようにしましょう。

こんな記事も読まれています♪