普段の生活で着床率を上げるにはどうしたらいいの?

着床率 生活 温める ストレス

 

普段何気なく過ごしている日常生活にも、実は着床率を上げるためのポイントというものはあるんです。
では、そのポイントをチェックして行ってみましょう。

 

 

ストレスを解消しよう

着床率 生活 温める ストレス

一日を過ごすと、やはり身体も心も疲れてしまいますよね。
現代の日本で生活をしてれば、誰もがストレスフリーで過ごすことが出来るということはまずありません。

 

ですがこのストレス、実は上手に解消することで、着床率を上げていくことが出来るんです。
では、どうしてストレスを解消することがよいの?と感じますよね。

 

ストレスを感じると自律神経というもののバランスを崩すことがあります。
この自律神経、実はホルモンバランスととても密接な関係があります。

 

普段ストレスを強く感じている人の中には、お肌が荒れてしまったり、便秘がちになってしまう。さらには生理不順やPMSに悩んでいるという人も多いそうです。
じつはこれ、自立神経のバランスが崩れ、女性特有のホルモンバランスも崩れがちになるために起こりやすい現象なんです。

 

逆に、うまくストレスを解消している人は、これらの症状が比較的軽かったり、またなかったりする人が多いんです。

 

ホルモンバランスを整えることは、着床率を上げる上では重要です。
ぜひストレス解消ができる何かを探してみてください。

 

 

ゆっくりお風呂に入ろう

着床率 生活 温める ストレス

 

普段の生活で上手にストレス解消が出来る方法の一つが、入浴、つまりお風呂に入るということです。

 

実はシャワーを浴びるだけよりも、湯船にしっかりと浸かって大きく呼吸をすることで、疲労なども言えますが、ストレスもかなり解消することが出来ます。
そして、ストレス解消だけではなく、着床率をよりあげることが出来る方法でもあります。

 

その理由は、お風呂に入り湯船につかることで、身体が温まるからなんです。

 

体を温めることで、血液の循環が良くなり、血行が良くなるという効果があります。
身体の表面に近い血管が温まり、さらにその温まった血液が体中を巡ることで、徐々に身体の内側も温まってきます。
身体全体が徐々にぽかぽかと温まるようになると、子宮も温かくなりますよね。

 

子宮が温まる状態というのは着床率を上げる上ではとても大切なんです。
血液が温まり、子宮内膜はふかふかな状態にしていくことが出来ますよね。

 

そして、湯船にしっかりと浸かった入浴は、実は身体にとっては大きな負荷で、30分の入浴は30分間ウォーキングをした時の運動量に相当するエネルギー消費をします。
つまり、身体はそれだけ疲れるんですよね。

 

また、身体が温まったところでお風呂から上がると、身体は急激に冷え始めますよね。
これが良い睡眠を取ることが出来る条件に近くなってくるんです。
実はこの良い睡眠も、着床率を上げるためにはとても重要なんです。

 

 

しっかりと眠ろう

着床率 生活 温める ストレス

 

眠る事というのは、ただ体を休めるだけではなく、身体の中では実はさまざまなことが行われています。

 

・血液を作る事
・細胞の新陳代謝を促進させる事

 

これらが着床率を上げるということにもつながってくることになります。
受精卵を着床させる子宮内膜は、温かい血液で満たされ、ふかふかの状態にしておくことが着床率を上げるポイントの一つです。
眠っている間に血液を作り、そして細胞の新陳代謝が促進されることで、はじめて受精卵の為のベッドを作り出すことが出来ますよね。
この他にもホルモンバランスを整え、睡眠によってストレスを解消することも可能なんですよ。

 

 

ストレスを解消する事
湯船でしっかりと温まる事
しっかりと睡眠をとる事

 

日常生活の中でこの3つは比較的日本に暮らしている人は行いやすいことになります。
ぜひ日頃の生活の中でこの3つを心がけるようにしてくださいね。

 

 

煙草はダメ

着床率 生活 温める ストレス

 

ただ、ストレス解消の手段に、喫煙をしている。
という人もいると思います。

 

確かに喫煙をすることでストレスを解消することが出来るかもしれませんが、実は喫煙はストレスを解消することが出来ても、他に悪い影響が多いために、生活習慣からは取り除きたいことの一つになっています。

 

煙草の中には血管を収縮させてしまう作用を持つ成分が含まれていて、せっかく入浴をすることで身体を温めたとしても、タバコによって血管が収縮し、血流が悪くなります。
また血液中に一酸化炭素が入り込むことで、血液に含まれている酸素が一酸化炭素と結合して二酸化炭素となり、酸素不足の状態になってしまいます。
子宮内膜に満たされる血液の質が悪ければ、受精卵の為のベッドの質が悪いということになりますよね。

 

寝心地が悪いベッドに受精卵は着床できないこともあります。
健康のためにも、タバコは辞めるようにしていきましょう。

 

 

まとめ

着床率 生活 温める ストレス

 

日常生活で着床率を上げるポイントは他にもまだまだあります。
ですが、普段からできることの中で、気軽に見直せることとしては、ストレスを解消する事、湯船につかる事、そしてしっかりと眠る事
になりますよね。

 

また、普段から体を冷やさないように、腹巻をしてみたり、手首や足首などお肌のすぐ下に太い血管がある部分を温めてみてください。
湯船に使っているのと同じように体を温める効果を期待することが出来ますよ。

こんな記事も読まれています♪