食べ物に気を付けると着床率を上げることが出来る!?

着床率 東洋医学 漢方薬 鍼灸

妊活を行っている
方の中には、高度生殖医療を受けている。
という方も多くいます。
この高度生殖医療は西洋医学になりますが、実は東洋医学にも着床率を上げる秘訣というものが沢山あると言われているんですよ。
では、どのような方法があるのか、紹介して行きたいと思います。

 

 

漢方薬

 

東洋医学には漢方といって漢の国、つまり中国で発達した医学があります。
この漢方が日本に伝わり、独自の発展もしてきている部分もあります。

 

この漢方で使われる薬は、西洋医学のように化学薬品を使い合成するものではなく、動物や植物や鉱物といったような、天然由来のものを組合わせて作られていきます。
患者さんごとに組み合わせを考えて、漢方医が処方することになります。

 

着床率を上げると言われている漢方薬には

 

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
・温経湯(ウンケイトウ)
・婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)

 

といったものがあります。
それぞれはどのような漢方薬で、どのような効果があるのでしょうか?

 

 

当帰芍薬散とは

着床率 東洋医学 漢方薬 鍼灸

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は血行を良くする働きがあり、さらにホルモンバランスを整える効果もあります。
当帰芍薬散に含まれている生薬は

 

・当帰(トウキ)
・芍薬(シャクヤク)
・川きゅう(センキュウ)
・蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
・沢瀉(タクシャ)
・茯苓(ブクリョウ)

 

という6種類になります。
では、具体的にどれがどのような役割を担っているのでしょうか?

 

当帰と川きゅうの二つの生薬は、血行を促進してくれる作用があります。
その結果、貧血を改善させ、さらに冷え症を改善するという効果があるんです。

 

この血行を促進するという効果は、子宮内膜をふかふかの状態にするためにはとても重要な働きをしてくれます。

 

また冷えを改善することで、着床率を上げていくこともできますよね。
芍薬は生理痛や肩凝りといった症状を和らげてくれる効果があります。

 

その他の3つの生薬については利尿作用があり、冷えの原因になるむくみを改善してくれるので、やはり冷えを防止・改善してくれる効果が期待できますよね。

 

当帰芍薬散は女性の聖薬とも言われていて、女性特有の症状を改善するためによく処方されるものです。

 

 

 

温経湯とは

着床率 東洋医学 漢方薬 鍼灸

 

温経湯は非常に多くの生薬を用いて作られている漢方になっています。当帰や芍薬、皮きゅうなど当帰芍薬散にも含まれる生薬を始め、身体血液の循環を改善し、身体を温める効果を持つ生薬が沢山含まれているという特徴があります。

 

この温経湯は漢方でいう「お血」の症状や「血虚」という症状を改善する効果があると言われています。

 

生理不順や生理痛でも効果的ですが、やはり当帰芍薬散と同じように血行を良くするという効果があるので、子宮内膜をふかふかの状態にしていくためには効果的な漢方薬ということになっています。

 

 

婦宝当帰膠とは

着床率 東洋医学 漢方薬 鍼灸

 

婦宝当帰膠という漢方には、当帰をはじめ、やはり芍薬、そして川きゅうという生薬を含み、さらに阿きゅうや地黄、甘草、黄耆などのさまざまな生薬が組み合わされています。
こちらの漢方もやはり血行を改善させ、冷えを解消し、子宮内膜をふかふかにすることができる効果を期待することが出来るものになっています。

 

さらに阿きゅうというコラーゲンなども含まれているので、女性の宝という「婦宝」という名前が付けられているんですよね。

 

 

 

着床率を上げる漢方薬は、つまり血行を良くし体を温める効果を持つものが多いということが分かってきます。
それだけ、着床率を上げるためには、血行を良くする事、そして体を温める事が必要ということが分かってきます。

 

 

鍼灸とは

着床率 東洋医学 漢方薬 鍼灸

東洋医学では、漢方薬意外にも身体を温める効果があるというものがあります。
それが鍼灸です。

 

鍼灸は経路とツボを刺激することによって、気や血液の流れのバランスを整えていく東洋医学になります。
鍼灸のうち、鍼とうのは鍼を用いて経穴に刺激を与えて身体の気や血液の巡りを整え、灸というのはもぐさなどを燃焼させて経穴に温熱的な刺激を与えることで、気や血液の巡りを整えるものです。

 

着床率を上げていくときには、子宮内膜を厚くすることが出来る経穴と、着床を助ける経穴があるといわれています。
ただ、鍼灸というのはとてもデリケートで、着床率を上げていくためには、行うべき時期というものがあるんです。
例えば、子宮内膜を厚くするための経穴に対して行う鍼灸は、排卵以降には刺激をしてはいけません。
もし、鍼灸を使って着床率をアップしたいというときには、自分の生理周期に合わせて、その時に最適な鍼灸を行うことが必要になってくるんですよ。

 

 

まとめ

着床率 東洋医学 漢方薬 鍼灸

東洋医学というと、何となく本当に効くの?
自己流でもできそう。
そんな風に思う方も多いようです。

 

ですが、漢方薬もやはり医学ですから、漢方薬を使って血行を良くし、身体を温めようと思うのであれば、漢方医や不妊治療を行っている産婦人科医に相談してみてください。
鍼灸についても、一度鍼灸師にしっかりと相談をしてみることをおススメします。
漢方も鍼灸も、信頼できる医師や鍼灸師を見つけることが一番大切ですよね。

 

こんな記事も読まれています♪