食べ物に気を付けると着床率を上げることが出来る!?

着床率 食べ物 辞めたいもの 食べたい物

 

食べ物によっても着床率は変わると言われています。
では、その着床率を上げると言われている食べ物、そして下げると言われている食べ物について、それが本当なのかどうかをチェックしてみましょう。

 

 

 

どんな食べ物が良いと言われているの?

 

 

 

着床率が上がると言われている食べ物には

 

・ザクロ
・ナッツ類
・パイナップル

 

などがあります。では、これらは本当に着床率を上げることが出来るのでしょうか?

 

 

ザクロ

着床率 食べ物 辞めたいもの 食べたい物

 

ザクロは子宝の食べ物ともいわれ、不妊症に悩む女性の中には積極的に食べた方が良い果物として知られています。
その理由としては、強い抗酸化作用を持つポリフェノールを多く含み、さらに植物性エストロゲンを含んでいるから。
ということがよく言われていますよね。

 

ザクロは鮮やかなルビー色の種が特徴的な果物で、この種の部分には特に豊富なポリフェノールを含んでいます。
種と思われているものは実は種衣といって、実は果肉の一種なんです。

 

この種衣にアントシアニンやレスベラトロール、エラグ酸といった抗酸化作用を持つポリフェノールがとても多く含まれています。
そして、ここに植物性エストロゲンの一種であるエストロンが含まれています。

 

このエストロンが含まれていることで、女性ホルモンと似た働きをする=着床率アップにつながると思われているのですが、実はザクロにふくまれているエストロンはごく微量で、肝臓で代謝されてしまうために残念ながらザクロのエストロンの効果はあまり関係がなさそうなんです。

 

それよりは、ポリフェノールが豊富で、血液をサラサラにする作用があるために、子宮内膜をふかふかの状態にすることが出来るために、着床率がアップする。
ということになるようです。

 

ただ、着床率を上げることが出来るという意味では、ザクロは効果的ということはできそうですよ。

 

 

ナッツ類

着床率 食べ物 辞めたいもの 食べたい物

 

ナッツ類、とくにアーモンドは着床率を上げる効果があると言われています。
どうしてナッツ類には着床率を上げることが出来るのでしょうか?

 

その理由には、ナッツ類の豊富に含まれているビタミンE、そして必須脂肪酸の働きがあるんです。
ビタミンEには強い抗酸化作用があります。

 

これは先ほどのポリフェノールと同じですよね。

 

実はそれ以外にも、末梢血管を広げて血行を良くするという働きもあるんです。
血液がサラサラになり、さらに血管を広げて血行を良くするということで、やはり子宮内膜をふかふかにする血液を作り、そして子宮内膜に血液をしっかりと送り届けることが出来るということになりますよね。

 

そして必須脂肪酸が豊富というのもナッツ類の特徴です。
この必須脂肪酸、特にナッツ類にはオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が豊富です。

 

実はこのオメガ6やオメガ3といった必須脂肪酸は生殖ホルモンのバランスを整えること、そして炎症を抑えることができる。という特徴があります。
特に生殖ホルモンのバランスが整うということは、着床率を上げていく上では必要なことです。
ナッツ類と共に、植物性のオイル、オリーブオイルやグレープシードオイルなどについても同じように必須脂肪酸が豊富という特徴があるんですよ。

 

 

パイナップル

着床率 食べ物 辞めたいもの 食べたい物

 

パイナップルにはたんぱく質を分解する酵素が含まれるため、子宮や子宮内膜を柔らかくするという効果があると言われています。
ですが、実はこのパイナップルの酵素によって、子宮や子宮内膜が柔らかくなるということはないんです。

 

このパイナップルの酵素はブロメリンといいますが、ブロメリンによって子宮や子宮内膜を柔らかくすることが出来ませんが、ブロメリンがもつ炎症や腫れなどを抑えるという効果については、着床率アップには多少貢献する可能性があります。

 

また食物繊維が豊富なパイナップルを食べることで、ちょうど着床があるころに起こりやすい便秘を解消することが出来るために、腸内環境を整える効果を期待することはできます。
ただ、それが着床率を上げることに繋がる。ということは難しいようです。

 

 

食べてはいけないものもあるの?

着床率 食べ物 辞めたいもの 食べたい物

 

着床率を上げることができるポイントは、血液をサラサラにする事、そして炎症を抑える事。
実はこの二つがあります。
ザクロやナッツ類など血液をサラサラにする効果がある食べ物というのは、着床率を上げていくことができる食べ物ということができますよね。
それに対して、血行を悪化させたり、血液の状態を悪くしてしまうものは着床率を下げてしまうことに繋がります。

 

・カフェイン
・アルコール

 

といったものは、よく妊娠を妨げると言われています。
中にはかなりナーバスになり、カフェインやアルコールは絶対にダメという方もいますよね。

 

確かにカフェインやアルコールを過剰に摂取する事というのは血液の流れが悪くなり、子宮内膜を固くしてしまう原因になってくる可能性があります。
ただ、ここでのポイントは過剰摂取です。

 

カフェインは摂り過ぎればカフェイン中毒で最悪の場合には死亡することもあります。
アルコールを摂りすぎると脱水に陥り、血液がドロドロになってしまいます。

 

ただ、少量であればどちらも血管を拡張させて血液が循環するのを手助けしてくれます。

 

カフェインならコーヒー1〜2杯程度、アルコールならグラスワイン1杯ほどなら問題はありませんが、過剰摂取は避けることが大切になります。

 

 

まとめ

着床率 食べ物 辞めたいもの 食べたい物

 

食べ物によって劇的に着床率を上げたり、逆に劇的に着床率が下がるということはありません。
ただ、着床から妊娠、そして授乳と続くことを考えると、普段から食生活に気を付けていくことは必要になってきますよね。

こんな記事も読まれています♪